1. ホーム
  2. 大阪で医師として勤務する前に

適度なペースで働きたい医師


大阪は非常勤・常勤を問わず求人が多く集まる地域なので、無理せず働きたい方から適度に忙しい環境で経験を積みたい方まで様々な仕事への要望に応えられる下地が整っています。

特に都市の再開発によって続々と誕生している新興オフィス街での検診センターの求人や産業医の求人など、他の地域ではあまり見かけない定時上がりをメリットとして謳った求人が出ていることも多く、ワークライフバランスを大切にしたい医師が転職するには最適な地域と言えるでしょう。

再開発ラッシュはキタ・ミナミの両地域でまだしばらく続くため、こういった求人は当面は安定して出続けると思われます。

さらに大阪は人口あたりの医療従事者数が多いため、ほかの地域と比べて一人あたりの仕事量の負担が大きくなりにくいのも大きなポイントです。
適度なペースで仕事をしたいという希望をかなえやすいという点は大きなメリットですね。

家庭を大切にしたい医師


どうしても激務になりがちな医師の勤務ですが、大阪府内は定時で帰宅可能な求人が他の地域と比較して多い傾向にあります。
近年は医師の中でも「給与よりも家庭やプライベートで過ごす時間を大切にしたい」という意見がよく聞かれるようになりました。

その点、大阪なら家族を住まわせるのに必要な住環境も整っており、家賃も物価も東京や神奈川などと比べると低価格。
「アクセスなどの利便性を確保しつつ、なるべく広い家に住んでゆとりのある生活をしたい」という希望が実現しやすい環境だと言えるでしょう。

特に、大阪市近郊の吹田市や豊中市などは公園などの緑が多く住みやすいことに定評があります。
立地も梅田駅に近いため交通の便も良く、通勤や通学にも便利で人気のあるエリアです。

そしてこれらの地域は育児支援や子供の教育支援にも力を入れているため、教育水準が高い事で有名です。
その他、育児中の母親を支援する支援センターがあったりと、女性向けの行政支援も充実しています。

給与などの条件交渉がしやすい


大阪府は人口あたりの医師数・医療従事者数では全国平均を上回っています。
ですが地域や診療科によって医師が偏在しているため、全国から見ると医師が足りているように見えて人手不足の地域もあるという人材の二極化が起きているのが特徴です。(厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師調査」より)

特に、二次医療圏と呼ばれている地域の中でも堺市や泉州では医師数の減少が続いており、医療機関で定めた人数を確保できない救命救急センターなども存在しています。
救急センターや地域医療を支えている中規模・大規模病院の医師不足が問題となっているため、積極的に医師を採用したいと考えている病院は多いです。
そのため、こちらから給与等の条件交渉がしやすく、好条件での採用を狙いやすい環境にあります。

特に好条件での転職を狙うなら、欠員の補填等を目的とした急募の非公開求人求人が狙い目です。
非公開求人は様々な事情で求人をしていることを知られたくない場合に出される求人で、転職サイトに登録しないと見ることが出来ませんがその分公開求人よりも条件が良いことが多く、中でも急募の求人なら好待遇での転職を狙うことが出来ます。
急募の非公開求人は何らかの事情で素早く人材を確保しなければならないことが多いため、こちらの条件や希望を通してでも人材を必要としている場合が多いからです。

短期的な勤務でも医療機関側の承諾が得やすい


大阪の医師求人の特徴として、職種の幅が広いという点が挙げられます。
これは病院の勤務医としての求人はもちろん、美容外科クリニックの求人や男性の薄毛改善クリニックといった身体的な悩みを解決する医師の求人、産業医や検診センターの医師といった府民の健康を支える医師の求人など多種多様な種類の求人が含まれているからです。

それらの求人の中には短期的な勤務のスポット勤務や、非常勤のアルバイトの情報も少なくありません。
特に先ほど挙げた医師が比較的少ない地域は一人でも多くの医師を受け入れたいと考えるところが多く、短期的な勤務希望という条件でも受け入れてくれる医療機関が多いです。

これら短期勤務の求人情報は、大阪市の中心部や近郊でも多くみられます。
実際に大阪府の非常勤医師の割合は東京に次いで全国で2番目に多い数字となっており、常勤医師のニーズが高い地域であることが伺えますね。

非常勤でアルバイトをして収入と経験を同時に得たいという方からキャリアを積みながら家庭のことも大切にしたい方まで、幅広い様々な条件の短期勤務の希望に応えてくれる地域と言えるでしょう。

  • 1